監修
増田 曜章 先生

(熊本大学病院 脳神経内科 診療講師)

消化管/自律神経 COMPASS 31

自律神経機能を評価します。

概要

  • COMPASS 31は自律神経機能(起立不耐性、血管運動、分泌運動、胃腸、膀胱、および瞳孔運動)の包括的な評価を行うための31項目の質問票で1

  • 起立不耐性(0~40点)、血管運動(0~5点)、分泌運動(0~15点)、胃腸(0~25点)、膀胱(0~10点)、瞳孔運動(0~5点)の6つのドメインから構成され、これらのドメインの合計スコア(0~100点)が高いほど症状が重いことを示しま1

主な所見

  • スコアの上昇

評価頻度(目安)

  • ベースライン時、その後は12ヵ月に1回

評価上のポイント

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)患者において、COMPASS 31スコアは、Sudoscanによる電気的皮膚コンダクタンス(ESC)と相関が認められなかったものの、神経障害スコア(NIS)とは正の相関を示したことが報告されていま2

    電気的皮膚コンダクタンス(ESC)
    交感神経系の活動によって起こる汗腺活動の変化を示す。

参考情報

  • COMPASS 31スコアは、健康者と比べて、自律神経症状を呈する疾患で上昇することが報告されていま3

COMPASS 31スコア3

  COMPASS 31
スコア(平均値)
健康者(n=30) 8.9
全身性強皮症(n=104) 24.9
線維筋痛症(n=30) 27.5
糖尿病性多発
ニューロパチー(n=29)
28.9
小経線維
ニューロパチー(n=66)
30.2
  • APOLLO試験に参加した遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)患者(n=225)のCOMPASS 31スコアのベースライン平均値は30.5でし4

COMPASS 31スコア算出方法

下記の表をもとに、1)~3)の手順でスコアを算出しま1

ドメイン 重み付け前の
ドメインスコア(A)
重み付け係数(B) 重み付け後の
ドメインスコア(C)
起立不耐性(質問1~4) 0 ~ 10点 4.0 0 ~ 40点
血管運動(質問5~7) 0 ~ 6点 0.83333333 0 ~ 5点
分泌運動(質問8~11) 0 ~ 7点 2.1428571 0 ~15点
胃腸(質問12~23) 0 ~ 28点 0.8928571 0 ~ 25点
膀胱(質問24~26) 0 ~ 9点 1.1111111 0 ~ 10点
瞳孔運動(質問27~31) 0 ~ 15点 0.3333333 0 ~ 5点
 
合計スコア(D)
0 ~ 100点
  1. 31の質問から得られた点数を6つのドメインごとに合計します(A)。

  2. 各ドメインスコア(A)にそれぞれの重み付け係数(B)を掛けて、重み付け後のドメインスコアを出し、小数点以下を切り上げます(C) 。

    ・起立不耐性(質問1~4の合計)
    ・起立不耐性(質問1~4の合計)   □点 (A) × 4.0 (B) = △点 (C)
    ・血管運動(質問5~7の合計)
    ・血管運動(質問5~7の合計)   □点 (A) × 0.83333333 (B) = △点 (C)
    ・分泌運動(質問8~11の合計)
    ・分泌運動(質問8~11の合計)   □点 (A) × 2.1428571 (B) = △点 (C)
      ……
  3. 重み付け後の各ドメインスコア(C)を合計したスコア(D)がCOMPASS 31スコアとなります。

COMPASS 31スコア評価シート

エクセル版では、合計スコアを自動的に算出することができます。

お使いのパソコン環境(OSやアプリケーションのバージョン)によっては正常に動作しない可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

引用文献

  1. Adapted from Mayo Clin Proc., 87(12), Sletten DM, Suarez GA, Low PA, et al. COMPASS 31: A Refined and Abbreviated Composite Autonomic Symptom Score., 1196-1201., Copyright (2012) Mayo Foundation for Medical Education and Research, with permission from Elsevier. https://www.sciencedirect.com/journal/mayo-clinic-proceedings
  2. Conceição I, de Castro I, Castro J. Amyloid. 2019;26(sup1):23.
  3. Adler BL, Russell JW, Hummers LK, et al. J Rheumatol. 2018;45(8):1145-1152.
  4. González-Duarte A, Berk JL, Quan D, et al. J Neurol. 2020;267(3):703-712. (本試験はAlnylam Pharmaceuticalsの支援により実施された)