監修
安東 由喜雄 先生

(長崎国際大学薬学部アミロイドーシス病態解析学分野 教授、副学長/
熊本大学 名誉教授/熊本大学病院臨床研究部 客員教授)

遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP) 疫学

遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)に関連するTTR遺伝子変異は150種類を超えることが報告されており、世界的にも日本においてもTTRの30番目のアミノ酸のバリン(Val)がメチオニン(Met)に変異したV30M型が最も多いことが知られています1-3

以前はV30M型のみの大家系がポルトガル、スウェーデン、日本に限局して存在すると考えられていましたが、最近の研究から、世界各国に遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)が確認されています3

日本における遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の病型

日本における遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)患者の約60%がV30M変異を有しているといわれています1。ただし、V30M変異を有する患者でも、若年発症(集積地に多い)と家族歴の明確ではない高齢発症(非集積地に多い)で臨床像が大きく異なります。

若年発症V30M型と高齢発症V30M型の臨床像の比較4

遺伝性疾患の原因となる遺伝子変異を持つ人が、その疾患を発症する割合のこと。
  若年発症V30M型 高齢発症V30M型
発症年齢 20~40歳代 50~80歳代
男女比 約1:1 約5:1
浸透率 高い(90%以上) 比較的低い
家族歴 ほぼ認められる 認められない場合も多い
自律神経障害 早期から目立つ 早期はあまり目立たない
解離性感覚障害 顕著 目立たない
主な心合併症 房室ブロック 拘束型心筋症
典型的な初発症状
  • 下肢の異常感覚
  • 解離性感覚障害または自律神経障害
  • 下肢のしびれ
  • 痛み
  • 温覚の低下

したがって、V30M型以外の変異を有する非V30M型も合わせると、遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)は、①若年発症V30M型、②高齢発症V30M型、③非V30M型の3病型に分類することができます。

日本における遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の分布

日本では熊本県、長野県および石川県にV30M型の集積地があり5、その多くは若年発症型です。また、高齢発症V30M型の中で家族歴が明確でない孤発例1と非V30M型の存在が日本各地で明らかにされています5

日本における遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の分布
ご提供 安東 由喜雄 先生
(長崎国際大学薬学部 アミロイドーシス病態解析学分野 教授/熊本大学病院臨床研究部 名誉教授)

日本における遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の患者数

日本には、700~1,000人程度の遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)患者がいると推定されています。ただし、本疾患の症状は多様であることから、他の疾患と間違われているケースがあり、確定診断に至っていない潜在患者が多数いると考えられています。

引用文献

  1. Yamashita T, Ueda M, Misumi Y, et al. J Neurol. 2018;265:134-140.
  2. Parman Y, Adams D, Obici L, et al. Curr Opin Neurol. 2016;29:S3-S13.
  3. Schmidt HH, Waddington-Cruz M, Botteman MF, et al. Muscle Nerve. 2018;57:829-837.
  4. 関島良樹 臨床神経. 2014;54:953-956. を参考
  5. Araki S, Ando Y. Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci. 2010;86:694-706.