国内の医療関係者向け
遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)疾患情報提供サイト
監修
山下 太郎 先生

(熊本大学病院 脳神経内科 特任教授)

遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)を確定診断するための検査

Red-Flag症状/所見が認められ、遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)が疑われる場合は、まずアミロイドーシスを示唆する検査所見(神経伝導検査、自律神経障害、 心エコー、MRI、ピロリン酸心筋シンチグラフィ、血中BNP値、血中トロポニンT値など)をチェックします1。そして、本疾患の確定診断には、①生検による組織へのTTRアミロイド沈着の組織学的確認と、②TTR遺伝子変異の同定が必要になります1

遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の診断過程

TTRアミロイド沈着の組織学的確認

いずれかの組織を生検し、沈着アミロイドを病理組織学的に確認します1
アミロイドは、コンゴーレッド染色で赤橙色に染まり、偏光顕微鏡下では緑色(アップルグリーン)の偏光を呈します。アミロイドが確認されたら、TTRに対する特異抗体を用いた免疫組織化学染色を行い、陽性であれば沈着アミロイドがTTR由来であることが確定し、ATTRアミロイドーシス[遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)または野生型ATTRアミロイドーシス]と診断できます。

遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)における神経生検の組織染色例2
Reprinted from Am J Pathol, 159(6), Sousa MM, et al. Deposition of transthyretin in early stages of familial amyloidotic polyneuropathy: evidence for toxicity of nonfibrillar aggregates. 1993-2000. Copyright 2001, with permission from Elsevier.

病理組織の生検は侵襲度と検出率を考慮して行うことが望ましいとされ、生検部位は、侵襲が少なく、繰り返し生検が可能な腹壁脂肪または胃・十二指腸が推奨され、その他、大腸や腓腹神経、口腔粘膜、皮膚なども対象とされています3。胃・十二指腸生検に際しては、粘膜下組織を十分に採取し、複数箇所(最低4ヵ所程度)生検することが推奨されています3。また、初回の生検でアミロイド沈着が検出されない場合もあることから、本疾患が疑われる場合は、繰り返し生検を行うことも重要です3

TTR遺伝子変異の同定

免疫組織化学染色で抗TTR抗体陽性だった場合は、血液を採取し、DNA分析(遺伝学的検査※)を行ってTTR遺伝子変異の有無を同定します1TTR遺伝子変異が確認されれば、遺伝性ATTRアミロイドーシス(FAP)の診断が確定します。

TTR遺伝子変異の同定 TTR遺伝子変異の同定

<日本におけるアミロイドーシス診断支援サービス>
日本では、熊本大学病院神経内科を拠点とするアミロイドーシス診療センターや信州大学医学部内科学第三教室において、アミロイドーシス患者の早期診断、早期治療を目的とし、全国からの診断依頼や患者紹介に対応すべくアミロイドーシスの診断支援サービスが提供されています。

引用文献

  1. 安東 由喜雄 監修. 最新 アミロイドーシスのすべて. 第1版. 東京: 医歯薬出版; 2017:17-23.
  2. Sousa MM, Cardoso I, Fernandes R, et al.Am J Pathol. 2001;159:1993-2000.
  3. 安東 由喜雄 監修. 最新 アミロイドーシスのすべて. 第1版. 東京: 医歯薬出版; 2017:57.